シミができる原因とこれ以上増やさないための予防法とは

シミはどうしてできるのか

30代以降になると徐々に現れてくるのがシミですが、これは肌老化の一種です。シミにも色々な種類があり、ニキビや虫刺されなど炎症が原因で起こる炎症後色素沈着、新陳代謝が低下して肌のターンオーバーが乱れることでできる老人性色素斑、そしてホルモンバランスの乱れが原因で起こる肝斑などがあります。 シミができるメカニズムとは、表皮の下にあるメラノサイトと呼ばれる色素産生細胞が紫外線などの刺激を受けると、メラニンと呼ばれる黒い色素を発生させます。日に焼けて肌が黒くなるのは紫外線から肌を守るためにメラノサイトがメラニンを生産しているからです。そして通常であればメラニンは肌のターンオーバーによって角質と一緒に体外に排出されますが、加齢やストレス、ホルモンバランスが乱れるとターンオーバーも乱れ、メラニンがシミとなって肌表面に残ってしまいます。


シミを予防するために大切なこととは

シミをこれ以上増やさないようにする予防法とは、ずばり紫外線対策をしっかりすることです。紫外線対策として日焼け止めを塗ることは当たり前ですが、外出する際にはさらに帽子を被ったり日傘をさしたり、サングラスをかけることもお勧めします。特に紫外線は目からも入ってきますので、サングラスをかけることでシミが発生することをかなり防ぐことができます。また、飲む日焼け止めを活用するのも良いでしょう。紫外線にはUVAとUVBの二つがあり、特にA派は屋内であろうと窓ガラスを突き抜けて入ってきますし、曇りだろうと雨だろうと冬だろうと一年中降り注いでいます。ですので、シミを予防するために紫外線対策は絶対に手を抜いてはいけません。



シミの原因は様々ありますが、その原因の一つは10年~15年前に浴びた紫外線が蓄積されたダメージが加齢とともに衰えてきた肌に表れるものです。