薄毛の解消は生活習慣が決め手?発毛治療を正しく実践しよう!

薄毛の原因と対処法の違い

薄毛は主に頭髪が減少している状態を指します。加齢による毛根の老化が多数を占めますが、個人の体質や病気などの理由で若い人でも薄毛の状態になることがあります。薄毛は健康上の問題はありませんが、見た目が実年齢より老けて見えるなどの弊害が生じることから、毛根の働きを活性化させる発毛治療が広く普及しています。 薄毛を解消するための発毛治療は毛根の状態で対処法が異なります。増毛や育毛など、対処法によって名称が異なりますが定義はあいまいなので治療を受ける際は詳細を確認することが大切です。また、使用する薬剤は個人の体質で効果の良し悪しが変わる他、特定の成分は女性には有害に作用することもあるため、素人判断は絶対に行わないことを心がけます。安全に薄毛を解消するためには専門医による適切な治療が不可欠です。


薄毛を解消するための生活改善のポイント

頭髪が抜け落ちて減少する薄毛は頭皮の衛生状態の悪化も原因の一つです。毛穴が汚れで詰まることで毛根の働きが阻害され、遂には頭髪が抜け落ちてしまいます。頭皮の汚れは皮脂を中信に空気中の汚れが混在しているのが普通です。頭皮を不潔な状態で放置すると薄毛になるリスクが増大するため、こまめに洗髪を行って汚れを取り除くのが清潔に保つための心得です。その一方でシャンプーの成分が頭皮に残ってしまうのも薄毛を引き起こす原因になることから、清潔な水で十分にすすぐことを心がけます。俗説では頭皮マッサージや海藻類を食べると毛根が元気になるとされていますが科学的な根拠はありません。毛根の働きを阻害しないように、頭皮に汚れが付着するのを防ぐのが薄毛予防に繋がります。



アートネイチャーは男性用かつらという時代ではありません。かつらと見分けが付かない製品からピンポイント増毛や育毛相談まで扱う、髪の毛のプロ集団です。男女問わず、本来の自分らしさを取り戻すサポーターです。