どんな違いがあるの!?育毛と増毛と発毛の違いを知る

今ある髪を元気にするなら育毛

髪を増やす方法としては、増毛や育毛、発毛など様々な言葉が使われています。どれも似たイメージがありますが、それぞれ違う意味を持っています。 まず、育毛は今ある髪をより元気に育てていくという意味合いを持っています。髪が細くなる、枝毛や切れ毛ができやすくなるなど髪の悩みを持つ人は多いですが、その原因は頭皮の状態が良くない、栄養不足、さらにパーマやヘアカラーによるダメージ、血行不良など様々な要素があります。 健康な髪に導いていくためにはその原因をできるだけ取り除き、髪を健康にする対策が必要です。 育毛対策としては育毛シャンプーや育毛剤によるセルフケア、美容室によるヘッドスパ、頭皮マッサージなどがあげられます。 髪の成長には栄養も必要ですので、食事の改善やサプリメントが活用されることもあります。


髪をすぐに増やすなら増毛

増毛はその名前の通り、髪を増やすことを指します。増毛にも様々な意味合いがありますが、人工毛をプラスして髪のボリュームを増やすという意味でよく使われている言葉です。一度薄くなった髪はすぐに元の状態に戻すことは困難ですが、増毛ならすぐに理想のボリュームを取り戻すことができます。 ウィッグを活用する方法もあれば、より本物の髪と自然になじませるために自毛に人工毛を取り付ける施術が行われることもあります。


髪を生やすなら発毛治療

発毛は髪を生やすことを目的としています。医療機関での治療が効果的で、初期の場合であれば薬を使った治療が中心となりますし、薬だけで改善が困難な場合は植毛など高度な治療が選ばれることもあります。



スヴェンソンは増毛製品などの製造販売を行う企業です。同社には、自分の頭髪に毛髪を編み込む独自の技術があります。これにより、24時間脱着不要で、増毛していることを忘れた生活が可能となります。